バイアグラの二つの購入方法

バイアグラの購入方法 違い について

バイアグラはアメリカのファイザー製薬社の薬剤です。日本でバイアグラを購入するには医師の診察を受け、処方箋を出してもらうことが必要になります。ただしバイアグラは海外でネット販売されている薬剤を購入することも出来、この場合には処方箋は必要ありません。つまり、バイアグラを入手するには、

  1. 病院での処方
  2. 個人での輸入
の二つの方法があるのです。

医療機関で診察を受け、処方箋を出してもらう方法の最大のメリットは、その安全性でしょう。日本国内の医療機関でバイアグラを処方してもらう場合、薬剤は必ず正規品ですので、全く問題がない訳です。バイアグラは併用禁止薬が多い薬剤なので、医師と確認してからバイアグラの服用を始められる点も安心出来ます。体質でもバイアグラの使用が危ない場合がありますが、医師との診察の際に、それもチェックしてもらうことが出来ます。安心第一の方には医療機関でのバイアグラの処方がお勧めです。

一方、インターネットでの個人輸入のメリットは価格の安さや手軽さです。処方箋が必要ないため、医療機関に行く手間や時間が省けるのが魅力です。医療機関に行く場合は、初診料や再診料がかかる場合もありますので、料金の上ではかなりの違いになります。インターネットでの個人輸入ですと、まとめての購入で割引になるサイトも多くあります。日本国内では販売されていない数多くのジェネリック薬も購入できます。バイアグラを続けて服用する場合は、お財布に優しいインターネットでの個人輸入はメリットが大きいでしょう。またEDは男性にとって非常にデリケートな悩みですので、出来れば誰にも知られずにいたいものです。インターネットでの個人輸入を利用すると、他人に知られることなく、バイアグラを入手することが可能です。

病院での処方とインターネットでの個人輸入との二つには、それぞれ良い点、悪い点があることが分かりました。最初にバイアグラを飲み始める際は、医療機関で診察を受けて処方箋をもらい、身体に合うことが分かったら、インターネットでの個人輸入を利用するのがベストな方法かもしれません。